名古屋の転職指南書 » 【年代別】名古屋の転職で同世代と差をつけるには » 20代

20代

名古屋の20代の転職事情

名古屋の20代求人の多さは?

新規求人数 月間有効求人数 紹介件数 就職件数
19歳以下 990件 2,653件 220件 97件
20~24歳 4,934件 13,949件 1,512件 353件
25歳~29歳 7,380件 21,029件 2,082件 408件
30~34歳 6,191件 19,182件 1,674件 373件
35歳~39歳 5,673件 17,233件 1,637件 375件
40~44歳 5,187件 15,967件 2,147件 481件
45歳~49歳 4,771件 15,654件 2,483件 564件
50~54歳 4,009件 13,406件 2,124件 421件
55歳~59歳 3,293件 11,505件 1,799件 395件
60~64歳 2,532件 9,329件 1,400件 397件
65歳以上 3,105件 8,354件 1,412件 386件
引用元: 厚生労働省愛知労働局-最近の雇用情勢(令和元年11月分)[pdf]

求人数は圧倒的。理想の働き方を明らかにすることが大事

求人数を見てみると、20代とくに20代後半は最も多くの求人が出ています。この年代は社会人経験をある程度積みつつもキャリアにはまだ伸びしろがあるのが特徴。スキルはありつつ、柔軟性があるので、多くの企業が求人を出しています。有効求人数に比べると、紹介件数や就職件数は落ちついていて、転職している人の数自体は他年代とあまり差がないと考えて良いでしょう。転職を成功させるためには、多くの求人から自分に合った仕事を見極められるかが大きなポイントになります。

ただ、理想の働き方によっては、あまり慎重になりすぎる必要はないかもしれません。いくつかの企業で経験を積み失敗を重ねることも、キャリア形成の一つの道です。生涯働ける企業と出会いたいのか、自分の可能性を試す転職の旅の第一歩にしたいのかによって、最適な進め方は変わってきます。理想の働き方・譲れないものを整理して、後悔のない転職活動にしていきましょう。

名古屋での転職を成功させる活動の進め方

20代の転職で、採用担当者を一目惚れさせる履歴書の書き方

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

20代はまだ、企業人としてのキャリアが浅いので「情熱」、つまり「なぜ貴社で働きたいのか」ということがアピールポイントとなります。退職理由は人間関係など様々でしょうが、実際に働いてみて自分がやりたいことや自分に合う仕事は貴社の方だった、という書き方がいいでしょう。そのために、応募する企業のビジョンや超短期戦略はしっかりと調べてください。写真は学生時のものは使わずに、新しく撮りなおしましょう。

20代の転職で、面接官を確実にオトす「面接」の必勝法

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

たとえ数カ月であっても、ひとたび社会に出たのならば社会人としての対応を求められます。最低限のビジネスマナーは身に着けておいてください。それすらできないようなら、会社に入って何をしていたのかとあなたの態度が疑われます。また若い人だとよくやってしまいがちですが、転職理由を聞かれて前職(現職)の悪口を言うのはNG。むしろ残念ながら転職するに至ったけれど、学びもあったと語ることが好印象となります。実際に、マナーや仕事の手順など、何かしら役に立つことがあったはずです。さらに「転職を繰り返したくない。ここで働き続けたい」という意志をきちんと表明しましょう。20代後半でキャリアも語れるならば、さらにキャリアアップしていく旨を伝えます。

20代転職者の成功体験談

アピール材料の用意と直感で理想の企業へ転職

転職時期:24歳(新卒入社2年目)
利用ツール:転職サイト、転職エージェント
活動期間:1カ月半
応募企業数:15社
転職活動中にやってよかったこと:前職在職中に自分の営業成績の数字をまとめておくこと、自分の直感を信じること

不動産業界の営業職にはもともと忙しいイメージがあったので、入社してからギャップを感じて苦労することはありませんでした。ただ、そうは言ってもやはり仕事量は多くて。特に2、3月の繁忙期は、数字に追われる毎日に疲弊しきっていました。賃貸物件の仲介営業もやりがいはあったのですが、初めて会うお客さまとの一期一会をくり返し、営業成績を上げていくというスタイルだったので、物足りなさを感じ始めていました。もっと長い間、お客さまに寄り添って関係を築いていきたいなって。25歳を前にして、年齢的にも『今、人生を変える時期かも』と思ったんです。

世の中には本当にたくさんの求人があるので、自分に向いている会社って何だろう、そもそも自分はどんな業種・職種に就きたいんだろう? と、求人を探せば探すほど分からなくなっていました。なのでまずは、自分の希望条件を改めて見直してみることにしたんです。求人を見過ぎてもしょうがないので、まずは『条件が合っているし、家からも近くていいな』と思った15社に絞りました。そして『どこにいっても仕事は大変なんだから、理想通りの職場を探し当てるのではなく、自分が入社してから理想の職場にしていけばいい。だから自分の直感を大切にして決めよう』と、気持ちを切り替えることにしたんです。

その後はエントリーした15社の中から、自分がピンときた会社へと面接に出向いた。そこで出会った会社が、現在働いているコミュニティワン。管理組合の運営をサポートする会社です。興味がある不動産業界で、営業経験も生かせる。しかもここならお客さまと長い時間をかけて信頼関係を築けるなと。給与が変わらないことや残業時間の少なさといった勤務条件、東急コミュニティーグループという安定性も魅力的でした。そして何よりも、面接を担当してくれた方が私の話を真剣に聞いてくれたことが印象的でしたね。

この仕事を始めてからは、いつもよくしてくださるお客さまに自分は何をしてあげられるんだろうって、考えるようになりました。先日、千葉に台風がくる前に、マンションの看板などが強風で飛ばされないように片付けをしていたのですが、それを見た管理組合の方から『いつもありがとう』と感謝されたことはうれしかったですね。また先日は、私がプライベートで良いことがあった時に、お客さまからお祝いの花束を貰ったんです。こうやって良い信頼関係が築けていることに、すごくやりがいを感じられています

引用元:20’s type(https://type.jp/st/feature/5929

キャリアコンサルタントからの考察

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

漫然とたくさんの求人をながめていると、ますます迷いが生じて動けなくなります。まずは会社選びで自分が最も大事にすることを決めることが大事ですね。そこから絞っていっても、会社の雰囲気などは、実際に会ってみなければわからないもの。積極的に動きましょう。さらにこの方の素晴らしいところは、前職での営業成績をまとめておいたこと。このように実績を数字などでいつでも示せるように用意しておけば、説得力が増します。面接の時間節約にもなるので、まわれる会社数も増えますね。

20代転職者の失敗体験談

労働環境に耐えられず逃げるように転職して失敗

学生時代から、あるブランドが好きで通い詰めていたんです。その会社で働きたいと面接を受けたら、熱意が通じたようで採用に。自分の好きな洋服に囲まれて働けるのはすごく嬉しかったですね。お客さまが来店したら、有無をいわさず売りつけなければいけません。商品をうまくアピールできないと、すかさず上司から呼び出されます。『今の売り方はどこがいけなかったのか考えて』と、ものすごい剣幕で圧力をかけられるんですよ。次第に日々のプレッシャーから精神的に参ってしまい、このままここにいたら心身ともにおかしくなってしまう、と怖くなりました。

転職活動を始めてみたものの、希望するアパレルの会社で、売上ノルマがないところはなかなかありませんでした。私は販売の経験もあるし、そこそこ自信もあったのに、なぜか興味のある会社ほど落ちてしまう。そのショックは大きかったですね。結局、内定が出たのは経験のない、大手化粧品会社のビューティーアドバイザーでした。救いはノルマがないということだけ。経験もないのにこれから先やっていけるのかと不安でいっぱいでした

前職と違ってノルマがないのは、働きやすかったですね。大手だったので研修がしっかりしていたし、待遇も良かった。最初の研修で商品知識をじっくり覚えることができたのも、安心材料となりました。厳しいノルマがない分、お客さまに心から商品をおすすめできます。いい会社に転職できてよかった、とはじめは楽しく働いていたんです。私の働いていた店舗は、あまり売り上げがよくなかったこともあり、入社して1年ほどして、本社の上司が見回りにくるようになったんです。その上司がくせ者で、理不尽なことで部下を叱ることで有名な人でした。すると皆、上司に怒られたくない一心で仕事をするようになりました。同僚同士でお客さまを取り合うようになり、人間関係は最悪に。女同士で足を引っ張り合う働きづらい職場に変わってしまったんです。

今の苦しみから逃れられると思って安易に転職してしまいましたが、よく考えれば前職の方がまだ働きやすかったですね。正直、転職しなければ良かったと激しく後悔しています。自分へ怒りすら感じるほどです。中でも後悔しているのは、入社前の下調べが甘かったこと。あらかじめ職場を見学したり、会社の評判を調べるなど、一度冷静になって、転職先について知る時間を取っておけばよかったと思っています。

引用元:20’s type(https://type.jp/st/feature/3929

キャリアコンサルタントからの考察

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

今の会社が合わないという思いにとらわれて、後先のことを考えずに「とりあえず」辞めてしまう人も少なくありません。思いつめてしまった時こそ、第三者に相談してください。友人知人でもいいですが、ハローワークなどの相談所もあります。特に人間関係の場合は、互いの思い違いでトラブルになっている場合もあります。自身の将来のビジョンについても、冷静に考えてみましょう。なりたい自分になるには、少し我慢して残った方がいいのか。転職するならどのような会社がいいのか。転職を決意するのは、そこがクリアになってからにしたいものです。精神的に辛いならば、有給などを利用することも検討してください。

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?