名古屋の転職指南書 » 名古屋の転職で勝利をおさめるエージェント選び » レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアHP
画像引用元:レバテックキャリアHP
(https://career.levtech.jp/)

レバテックキャリア利用者からの口コミ・評判

ITエンジニアとしてもっとキャリアアップしたいと思い、利用させてもらいました。ITエンジニアとWebクリエイターに特化した転職エージェントサービスだけあって、自分の職種にあった求人を紹介してもらえた点がよかったです。職務経歴書の添削なども行ってくれたので、安心してお任せすることができました。また面接対策もしっかりサポートしてくれたおかげで自信を持って面接に臨むことができ、大変満足しています。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/levtech

エンジニアの仕事を探すために最初にこのサービスを使った時、求人内容が専門的だと思いました。技術者の他にもデザイナーなどの募集も見たのですが、どれもしっかりした正社員募集でした。ここのサービスで特に気に入った点は、エンジニアなどの開発関連の仕事が豊富にあるところです。他にも類似の転職サービスはありますが、募集にかたよりがあったり数が少なかったりすることが多いです。しかし、ここは仕事の種類や数が充実しているので目当ての企業を選びやすいと感じました。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/levtech

名古屋の転職を手厚くサポートしてくれるおすすめエージェントを見る

レバテックキャリアのココがポイント

ステータスに合わせたサポートを提供

レバテックキャリアは、ITエンジニアとデザイナー関連の求人を専門に扱っている転職エージェントです。未経験からエキスパートまで、エンジニアの能力に合わせたサービスを展開。業界に詳しいアドバイザーが求職者の強みを把握し、その強みを活かせる企業を紹介してくれます。

キャリアアップを見据えたプラン作成

新規事業や重要なプロジェクトなど、専門スキルが必要な求人も多く扱っています。転職サービスで培った15年分のノウハウとデータを活用し、転職後のキャリアアップを考えた提案をしてくれるので、自身の目標を決めやすいでしょう。

充実した無料サービス

応募が殺到するためサイト上に掲載されていない、優良ベンチャー企業の非公開求人も、無料で紹介してくれます。転職やキャリアに関する疑問や悩みがある方には、無料の個別転職相談会にて、プロのアドバイザーがマンツーマンで対応してくれるサービスも行っています。

レバテックキャリアのサービスの手厚さは?

IT業界に特化しているため、初めての就職から、IT業界の未経験者、フリーランス、キャリアアップを狙うハイクラスの転職まで、ステージごとのサービスが展開されている点が魅力です。オンラインでプログラミングが学べるサービスが、半年間無料で受けられるサービスも用意されています。業界の経験者はもちろん、新卒や他業種からの転職者へのサポートも整っている印象です。

レバテックキャリアではどんな出会いがあるの?

レバテックキャリアで取扱っている名古屋の求人職種
事務職 営業職 技術職 医療 販売・サービス 教育 金融 経営 クリエイティブ
- - - - - -

レバテックキャリアは、ITエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェントで、中でも開発系の求人が多いのが特徴。Webディレクターやグラフィックデザイナーなどのクリエイティブ系求人のほか、テクニカルサポートやヘルプデスクなどの事務系の求人もあるようです。

レバテックキャリアの理想的な
マッチングまでのステップ

Webで申し込み

まずはWebからの登録が必要です。登録後に転職サポートが受けられます。サービスは全て無料です。

カウンセリング

IT業界に詳しい担当コーディネーターと、1対1でカウンセリング。キャリアプランを一緒に考えてくれます。

求人紹介

一般的な求人サイトには載らないコアな求人からユニークな求人まで、幅広く用意されています。仕事内容だけでなく、会社の雰囲気や企業の将来性などの詳細情報も合わせて紹介してくれるでしょう。

応募・面接

書類作成から面接時のマナー、効果的なアピールのコツなども、丁寧にアドバイスしてくれます。自分からは言い出しにくい給与面の条件についても、担当者が窓口となって対応してくれます。

内定・入社

内定が決まったら、円満退職へのフォローや書類作成のアドバイスを実施。入社後に生じる疑問や不安なども、相談に乗ってくれます。

レバテックキャリアの基本DATA

レバテックキャリアの会員DATA

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?