名古屋の転職指南書 » 名古屋の転職で勝利をおさめるエージェント選び » 株式会社チームKコンサルティング

株式会社チームKコンサルティング

株式会社チームKコンサルティング公式キャプチャ
画像引用元:株式会社チームKコンサルティング
(http://www.teamkc.co.jp/)

利用者からの口コミ・評判

株式会社チームKコンサルティングの口コミは見つかりませんでした。

名古屋の転職を手厚くサポートしてくれるおすすめエージェントを見る

株式会社チームKコンサルティングのココがポイント

人事・経営に特化したコンサルティング会社

株式会社チームKコンサルティングは、転職支援のほか人事コンサルティングや経営コンサルティングを行う、コンサルティングに特化した人材紹介会社です。コンサルティングとは、経営を続けていくためのサポートをする企業の心強いアドバイザーともいえる存在。企業が求める人材を誰よりも詳しく理解しているともいえるため、就職を目指す人と企業が求める人材との高いマッチングが期待できます。

マンツーマンで転職をサポート

一日でも早い再就職を応援するため、株式会社チームKコンサルティングではマンツーマン制度を採用しているのがポイント。専任のコンサルタントが現状や希望をきめ細やかにヒアリングし、豊富な業種のなかから自分にマッチした求人情報を紹介してくれます。

マンツーマンのサポートできめ細やかに指導してくれるため、初めて転職エージェントを利用する人でも安心して就職活動に取り組めます。

ニーズに合わせた研修プログラムを展開

再就職サポートの一貫として、人材育成のためのキャリア研修を展開しているチームKコンサルティング。プログラムでは自分の強みや適性を洗い直し、新たな目標を見つけることで自己成長していくことを目指します。また、能力や接遇を磨くことで自分の価値を上げ、企業への貢献度をアピールしていきます。

そのほかの研修プログラムでは階級ごとの研修、営業や開発などの職種別での研修、コンプライアンスやメンタルヘルスに特化したテーマ別の研修など、あらゆる分野の研修プログラムを用意。受講者のニーズに合わせて必要な研修プログラムを受けることができます。

株式会社チームKコンサルティングのサービスの手厚さは?

株式会社チームKコンサルティングでは、魅力のある職務経歴書の書き方や作成方法などを担当のコンサルタントから直接指導を受けられます。担当のコンサルタントがついてくれることで自分を客観的にみることができ、自分では気がつかなかった魅力や強みを発見することも期待できます。さらに、企業面接の同行や事前アドバイス、企業との条件交渉も請け負ってくれるため、就職成功までを万全の体制でサポートしてくれます。

株式会社チームKコンサルティングではどんな出会いがあるの?

株式会社チームKコンサルティングで取扱っている名古屋の求人職種
事務職 営業職 技術職 医療 販売・サービス 教育 金融 経営 クリエイティブ
詳細要問合せ

求人情報については登録後に情報を確認できる仕組みになっているため、詳細は直接問い合わせる必要があります。人事コンサルティングや経営コンサルティングを行っているためさまざま業種の求人に対応していることは間違いないでしょう。営業、生産・開発、コーポレートなどの職種別研修を展開していることから営業や開発などの求人も多いと推測されます。

株式会社チームKコンサルティングの理想的なマッチングまでのステップ

自己分析

就職活動を行う前の自己分析は、株式会社チームKコンサルティングが最も重視しているステップ。これまでの経験やスキル、希望の条件を踏まえながらベストな再就職先を設定していきます。また経験豊富なコンサルタントが自分では気がつかなかった魅力や強みを見つけ出し、再就職の可能性を広げていきます。

準備

準備の段階では面接トレーニングや再就職のためのポイントを学んでいきます。企業が「会ってみたい」と思わせるような職務経歴書の書き方や、自分の魅力を伝えるための効果的なアプローチの仕方などを練習し、本番に備えます。

求人の紹介

希望の就職先が決まったら、自分に合った最適な求人情報を独自のネットワークで積極的に開拓。ターゲット企業を選定していきます。

応募・面接

企業までの同行や事前アドバイスなど、面接直前まで丁寧に指導するのがチームKコンサルティング。面接後のフォローも請け負ってくれます。

内定・入社

雇用主との具体的な条件交渉や、複数の内定が決まったときの対応も個別でアドバイスしてくれます。

株式会社チームKコンサルティングの基本DATA

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?