名古屋の転職指南書 » 名古屋の転職で勝利をおさめるエージェント選び » 20代の転職相談所

20代の転職相談所

20代の転職相談所HP
画像引用元:20代の転職相談所
(https://20tensyoku.jp/)

20代の転職相談所利用者からの口コミ・評判

担当の方は女性で私の状況をよく理解してくださり、親身になって相談に乗ってくれました。前職は男尊女卑とも言える会社でしたが、女の世界の会社も嫌でした。そんなわがままを担当者の方はよく汲み取っていくつかの会社を紹介してくれました。その中で、元外資系で今は日本企業の会社を紹介してもらいました。

引用元:天職×転職(https://suitablejob.info/blog/2019/05/19/20dainotennshoku-reputation/

名古屋の転職を手厚くサポートしてくれるおすすめエージェントを見る

20代の転職相談所のココがポイント

20代限定の転職支援サイト

20代の転職相談所の大きな特徴は、文字通り20代をターゲットにした転職エージェントであるということです。転職支援サイトの中には全世代対応型、フルライン戦略のサイトもありますが、20代の転職相談所は明確にターゲットを絞っています。

ただし、20代といっても20代後半の求人数は少なく、メインターゲットは20代前半~中盤のいわゆる第二新卒向け、しかも就職経験を持っていることが条件です。

専属のアドバイザーに相談できる

就職経験はあっても、転職活動は不慣れな方が少なくない20代。こうした中、20代の転職相談所では、利用者一人ひとりに専属のアドバイザーをあてがってくれます。アドバイザーはそれぞれに個性があり、能力や経験も一律ではありませんが、いずれも転職のノウハウや業界の知識に精通したプロフェッショナルであり、相談内容に応じて的確なアドバイスをしてくれます。

IT技術や設計・開発、営業職の求人が多い

大手からベンチャーまでさまざまな企業にネットワークを持つ20代の転職相談所ですが、求人情報の職種で多いのは、営業職、IT技術、設計・開発、企画マーケティングです。とりわけ、IT技術は将来性が高く需要が多い割に人手不足が深刻という現実があり、今のうちにスキルを身につけておけば、今後のキャリアップにおいて大きな武器を手に入れることになるでしょう。

20代の転職相談所では、IT技術、設計・開発においてさまざまなタイプの求人を紹介していますので、チェックしてみるといいでしょう。

20代の転職相談所のサービスの手厚さは?

20代の転職相談所の良いところは、仕事を紹介するサービスだけでなく、会員の実力を養い、見聞を広めるためのセミナーやイベントを各地で開催していることです。業界の実情がわかるイベントや、面接力を向上させるセミナーなど、種類はさまざまですが、いずれも転職に役立つものばかりで、会員にとっては大きな財産となります。

セミナーやイベントの開催情報は、公式サイトでチェックしてみましょう。

20代の転職相談所ではどんな出会いがあるの?

20代の転職相談所で取扱っている名古屋の求人職種
事務職 営業職 技術職 医療 販売・サービス 教育 金融 経営 クリエイティブ
- - - -

世代的なターゲットを絞り、求人数も決して多いとはいえませんが、網羅している職種は意外に幅が広いようです。特に多いのが営業職、設計開発、SE・IT(技術職)、企画マーケティング。大手・中小・スタートアップまで、企業の規模やタイプも多種多様です。

20代の転職相談所の理想的なマッチングまでのステップ

会員登録

はじめに、20代の転職相談所の公式サイトより、無料会員登録を行います。登録作業の所要時間は1分ほどです。

キャリアアドバイザーとの面談

会員登録後、担当のアドバイザーが付きますので、日取りを調整して面談を行います。地方からエントリーする場合は電話面談になりますが、その場合は約10~15分程度で終了します。

求人情報の紹介

アドバイザーとの面談終了後、数日程度で連絡が届き、本人に適した求人情報の紹介を受けます。条件にマッチする求人があった場合は、折り返し応募したい旨を伝えましょう。

書類選考・面接試験

企業側で書類選考が行われ、合格したら面接試験を受けます。面接のコツやポイントは担当アドバイザーに事前に聞いておき、本番までに対策しておきましょう。

内定・転職

面接試験をクリアし、企業から内定通知を受けたら転職成功です。その後の対応や初出勤のことなど、詳細は担当アドバイザーに尋ねてください。

20代の転職相談所の基本DATA

20代の転職相談所の会員DATA

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?