名古屋の転職指南書 » 【職種別】名古屋の転職で生まれる出会いとは

【職種別】名古屋の転職で
生まれる出会いとは

名古屋の転職では業種別で
出会いに差がある?

名古屋市内の求人では業種別に大きな差があります。理想の転職を叶えるために、こうした業種別の違いも意識しながら転職活動をすすめていきましょう。良い出会いに巡り合える機会が増えていきますよ。代表的な業種として、メーカー系技術職、営業職、事務職、医療・福祉職の4つについて、それぞれの特徴やポイントを紹介していきます。

メーカー系技術職

愛知県はトヨタ自動車を擁し工業出荷額は全国1位。自動車などの輸送用機械だけでなく、業務用機械、鉄鋼業、タイヤなどのゴム製品、プラスチック、繊維など多くの品目で全国1位の生産量を誇っています。名古屋市での業種別の年収事情は、見るまでもなく製造業の大手企業が上位。こうしたメーカー系の技術職の求人の多さは名古屋市ならではです。年収も高めで、技術者としてメーカーで働きたいがために、名古屋への移住や転職を希望する方もいるほどです。統計データによると平均年収は約550万円、全体の平均年収よりはやや上回っています。

営業職

名古屋市での営業職の求人は、他の地域に引けを取らないほどの量があります。資格がなくても短期間の営業経験があるだけで採用してくれる企業も多く、最低限のビジネススキルが備わっていることが高く評価される傾向があります。また、営業経験が浅くても営業職に伴う、さまざまなスキルは他の職種にも生きることなどから人気を獲得しています。年収は全国平均程度の500万円前後のようです。

名古屋で営業職への転職を
成功させるポイントを見る

事務職

事務職求人の倍率は名古屋市でも高く、中でも一般事務を希望する人が多い傾向にあります。人気の職種なので会社側でも事務職の採用を積極的に行なっているかといえば、残念ながら事務職の求人は減少傾向。その理由は近年のIT化や自動化、さらには派遣やアウトソーシングを使う会社が増えているためです。しかし、未経験から事務職に応募する人の多くは、事務職という仕事を誤解しているケースが多いので要注意。決して楽な仕事ばかりではないことを知っておきましょう。事務職の平均年収は約330万円ですが、企業によって大きな差があるようです。

医療・福祉職

医療・福祉職業界の平均年収は約400万円。医療・福祉職の仕事は多岐に渡り必要な資格も異なります。金額だけを見ると、心配になる方も多いと思いますが、医師や歯科医師の年収が圧倒的に高く、全体を底上げしているだけで、薬剤師・看護師・ケアマネ・保育士・栄養士など代表的な15職種の男女を問わない平均値になります。名古屋市にも数多くの活躍の場があり労働環境も実にさまざまです。賃金だけで転職先を選んでしまうのではなく、自分に合った職場を選択するようにしましょう。

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?