名古屋の転職指南書 » 【職種別】名古屋の転職で生まれる出会いとは » メーカー系技術職

メーカー系技術職

名古屋市内で募集しているメーカー系技術職の求人

リクナビNEXT

求人件数:647件
※名古屋市のもの2020年1月現在

求人例

大手メーカーで未来を作る★転勤なし!【生産技術エンジニア】

仕事内容 自動車やスマートフォン、航空機、鉄道関連など幅広くかつ最先端製品の生産技術、電気・回路設計を担当いただきます。
給与 【月給】20万5,000円~49万7,000円+残業代全額支給+賞与
勤務時間 9:00~18:00(休憩時間12:00~13:00)
休日・休暇 ・年間休日126日
・完全週休2日制(土・日)※就業先により変動
・祝日・年末年始・特別・慶弔・産前産後・育児休暇・介護休暇
・有給休暇
待遇・福利厚生 ・賞与年2回(7・12月)
・給与改定年1回
・各種社会保険完備
・確定拠出年金制度
・交通費全額支給
引用元:https://next.rikunabi.com/company/cmi0179173001/nx2_rq0016593518/

マイナビ転職

求人件数:269件
※名古屋市のもの2020年1月現在

求人例

大手企業のものづくりをサポート【製造技術スタッフ】残業月16h

仕事内容 【充実した研修あり♪】自動車や家電などの開発~量産化のプロジェクトで、まずは簡単な業務からお任せ!★年休125日 ★好きな街で働ける ★残業月16h
給与 【月給】21万5,000円以上+各種手当(残業手当全額支給等)
勤務時間 8:30~17:30(実働8時間)
休日・休暇 ・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・夏期・年末年始※配属先による
・有給休暇
・慶弔休暇
待遇・福利厚生 ・各種社会保険完備
・各種手当
・定年制度(満60歳)※再雇用制度あり
・財形貯蓄
・転任旅費
・引越補助
・寮・社宅制度
・育児休業・介護休業
・各種提携施設
・資格取得奨励制度(資格取得時1万円~30万円支給)※産休・育休取得率100%
引用元:https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-52476-1-287-1/

エン転職

求人件数:54件
※名古屋市のもの2020年1月現在

求人例

自動車実験エンジニア(衝突実験・テストドライバー)土日休/未経験OK★映画館など割引の福利厚生あり!

仕事内容 製品が世に出る前に、安全性や耐久性を確認する為の実験を行なっているテストエンジニア。あなたには大手メーカーをはじめとした企業で、自動車や航空機など「安全性」が強く求められる製品の実験に携わっていただきます。
給与 【月給】21万円~50万円+各種手当+賞与年2回
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)
※プロジェクト先により時間帯が異なる場合があります。
★月残業時間:16時間50分(昨年実績)
休日・休暇 ・有給休暇(取得実績10.0日)
・慶弔休暇
・介護休暇
・年末年始休暇以下、就業先のカレンダーに準ずる(年間休日最大125日)
・完全週休2日制(土・日。勤務先により曜日が異なる)
・GW休暇
・夏季休暇★産休・育休制度取得実績あり!
待遇・福利厚生 ・社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
・昇給年1回(5月)
・賞与年2回(7月・12月)
・交通費支給(上限5万円/月)
・残業手当(100%支給)
・役職手当
・赴任手当
・結婚・出産祝い金
・社員持ち株会制度
・借り上げ寮・社宅(敷金・礼金など初期費用100%、家賃60%会社負担。引越費用・赴任費用会社補助)
・保養・リゾート・レクリエーション施設提携
・スポーツクラブ利用補助
・会員制福利厚生制度(ベネフィット・ステーション)映画館やカラオケなどの娯楽施設の割引や資格取得割引などが受けられます。
・資格取得支援制度(受験料50%補助、合格祝金、通信教育講座、など)
・カウンセリング制度
・退職金(満3年以上/確定拠出年金)
・個人型確定拠出年金(iDeCo)
・再雇用制度(65歳まで ※定年60歳)
・育児支援(時短実績有)
引用元:https://employment.en-japan.com/desc_982885/?PK=EEB788&arearoute=1

メーカー系技術職への転職で、採用担当者を一目惚れさせる履歴書の書き方

メーカー系技術職への転職の履歴書で重要視されるのは、専門知識です。学生時代から専門的に学んだことがあれば、記載しておきましょう。とはいえ、志望先で使う知識はこれから身に着けていくことの方が多くなります。一刻も早く現場で必要な知識を身に着けていく向上心や、コツコツと取り組む真面目さを示すエピソードを書くのもおすすめです。困難を乗り越えた経験を語る場合は、そこでのあなた自身がやった工夫や粘り強さを語ってください。

応募先によっては海外への事業展開や、従業員に外国人が多い所もあります。その場合は、英語やアジア系の言葉に通じていることも強みとなるでしょう。

志望理由は、自分ができることと絡めて、論理的に説明しましょう。これまでとは違う職種に挑戦するのですから、「好きだから」「興味があるから」だけでは、採用担当に「入社後、壁にぶつかると挫折するのでは…」という不安を抱かせてしまいます。今できないことがあったとしても、隠す必要はありません。「将来的にこんなスキルを伸ばしたい」「スキルを伸ばすことで、貴社で貢献したい」という思いや将来の展望を語れると良いでしょう。

メーカー系技術職への転職で、面接官を確実にオトす「面接」の必勝法

メーカー系技術職への転職の面接では、雄弁によどみなく話す必要はありません。落着いて応募先での将来のビジョンを語り、生半可な気持ちではないことを伝えましょう。

専門知識で披露できるほどのものがなくても、これまでの仕事で培ってきたコミュニケーション力や交渉力、段取力など新しい職場でも必要な力を持っていませんか?エピソードで伝えられるように準備してください。

現職(前職)が自分に合わなかったとしても、社員として責任をもって仕事を遂行してきていることは大前提です。合わないから投げ出して転職するという印象にならないように、気を付けましょう。

転職DATA

メーカー系技術職の平均年収相場:404~484万円  (https://shukatsu-mirai.com/archives/81012)

メーカー系技術職へ転職するメリット

メーカー系技術職へ転職するデメリット

成功体験談

前職は派遣社員でした。残業も多く、たまに夜勤もありましたので、「もっと働きやすい環境に行きたい」という思いから、転職活動をスタートさせました。(中略)転職活動当初は、書類審査は通過しても一次面接で落ちるケースが多く、また面接の予定が入っても「他の人で決まったので」とキャンセルされることもあり、苦労していました。(中略)コンサルタントの方から、面接前に受ける会社に関する資料を送ってもらいました。この資料のお陰で企業研究がしっかりできましたし、面接でとても役に立ちました。面接前に自分の受ける会社についてしっかり情報収集をして準備することが、面接通過の1つのポイントだと感じます。

引用元:Ties(https://www.ee-ties.com/interview/65102/

キャリアコンサルタントからの考察

情報収集とそれに対する対策が今回の転職成功を叶えたのだと思います。メーカー技術職への転職は、やはり基礎的な専門知識を持っている人の方が強いです。アピールポイントを精査しないとなかなか選考に進めないケースもあるでしょう。

知識に自信がなければ、教育研修がしっかりとしている企業を選ぶのも一つの手。ただし実践で使えるようになるまで、いつまでも待ってくれる企業はありません。できるだけ短期間でものにする熱意と覚悟は、必須です。その覚悟は自分にはあるか、今一度確認してから転職活動に移りましょう。

失敗体験談

私の場合は、最初の仕事は営業でした。自分が技術系の仕事がしたく、専門学校までも行き就職しましたが、その後また営業の仕事に就くことに。また技術系の仕事に就きましたが、結局、今は営業の仕事をしています。私は、営業の仕事をしている時から、技術の仕事をしたいと思い、転職しましたが、自分には向いていませんでした。体験して初めてわかったのですが、やりたい仕事と、できる仕事は違うということです。なかなかやりたい仕事とできる仕事を見分けるのは難しいと思いますが、いろんな人にあって話を聞くのもいいでしょうし、データから自分を分析するものいいでしょう。本当に自分のやりたい仕事とできる仕事が一番マッチすれば、いいのですが、なかなか難しいです。転職では、本人が納得できるようにすれればいいでしょう。

引用元:シゴトプラン(https://www.job-plan.jp/contents/text/c115/

キャリアコンサルタントからの考察

やりたい仕事とできる仕事は違う。技術系の営業に転職したこの男性は、身をもってこのことを実感したようです。同じ営業であっても、扱う商品は様々。特に技術系の営業の場合は専門家に売るので、かなり高度な専門知識が必要です。それは少し頑張って勉強すれば身につく程度のものなのかどうか。自身のスキルや経歴、性格等と照らし合わせて判断することが大事です。単なるあこがれではなくて、どんな商品を扱うのか、どんな知識が必要なのか、転職前にしっかりと確かめてください。

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?