名古屋の転職指南書 » 【職種別】名古屋の転職で生まれる出会いとは » 医療・福祉職

医療・福祉職

名古屋市内で募集している医療・福祉職の求人

リクナビNEXT

求人件数:49件
※名古屋市のもの2020年1月現在

求人例

【年齢・経験不問】サポートアテンダント(介護士・ドライバー)

仕事内容 サポートアテンダントとしてお客様の送迎等(介護士・ドライバー業務)
給与 【月給】30万円+成果給+賞与
勤務時間 シフト制/1日実働約7h+残業1.5h等
休日・休暇 月18日休み、週休2日、週休3日、年間休日最大216日等 ※選択制
待遇・福利厚生 ・賞与年3(70~100万円/2018年度実績)
・社会保険完備
・退職金制度
・労災上乗せ&生命保険
・定期健康診断
・1Rマンション寮完備※一人部屋で安心※6ヶ月間無料(規定)家賃2.5万円~
・賃貸紹介・家賃補助
・社員旅行
・車通勤OK
・託児所(※岐阜支社なし)
参照元:https://next.rikunabi.com/company/cmi0252660001/nx1_rq0018629328/

マイナビ転職

求人件数:42件
※名古屋市のもの2020年1月現在

求人例

【介護スタッフ】って、魅力がいっぱい!★月給31万以上も可能

仕事内容 ★月平均残業10h◎有料老人ホームにて、介助や生活支援、レクレーション企画を担当します。◆将来は本社勤務やキャリアチェンジも可能
給与 【東海】
介護福祉士保有者:23万5,000~24万5,500円
無資格者:20万7,000~22万2,500円
勤務時間 1ヶ月単位の変形労働時間制(週平均40時間)
休日・休暇 ・年間休日113日
・4週8休制(月2~3日希望日を申請、ほかは要相談)
・前期・後期特別休暇(各3日間)
・有給休暇
待遇・福利厚生 ・【定期昇給】年1回(4月)
・【賞与】年2回(6月、12月)
・交通費規定内支給
・各種手当
・社会保険完備
・退職金制度 確定拠出年金制度
・産前産後休暇
・育児・介護休業制度
・資格取得支援制度(最大約20万円以上補助有)など
参照元:https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-124644-1-20-1/

エン転職

求人件数:47件
※名古屋市のもの2020年1月現在

求人例

入居者サポートスタッフ|♪年のお休みは最大130日♪社員を大切にしている会社だから離職者が少ない♪

仕事内容 提携している介護施設にて、入居者の方たちが楽しい時間を過ごしていただけるよう様々なサポートを行ないます。
給与 【月給】21万円~33万円+残業手当100%支給+資格手当+その他手当(試用期間中は月給20万円)
勤務時間 24時間交替制(実働8時間、但し22:00~5:00は18歳以上)
休日・休暇 ・年間休日112~120日+有給10日間
・完全週休2日制(シフト制)
・冬期休暇
・夏季休暇
・有給休暇
・慶弔休暇
待遇・福利厚生 ・賞与・昇給あり※年4回昇給 (2017年一律12,000円給与アップ)
・交通費支給(当社規定あり)
・残業手当(別途全額支給)
・資格手当(介護福祉士/月1万円)※その他の資格手当も有り
・社会保険完備(健康、厚生年金、労災、雇用)
・資格取得支援(資格取得に関わる費用は会社全額負担)
・食事補助(食事が出る提携先あり)
・引っ越し費用補助金制度(規定有)
・健康診断(会社全額負担)
・結婚・出産お祝い金
・ベネフィットステーション(提携施設の優待割引きなど)
・設立記念パーティー
・クリスマスプレゼント
・誕生日プレゼント
・キャリアアップ支援
・ジョブローテーション
・イベント(BBQ、社員旅行等)
・表彰制度
参照元:https://employment.en-japan.com/desc_977532/

医療・福祉職への転職で、採用担当者を一目惚れさせる履歴書の書き方

医療・福祉職への転職履歴書には、転職先で必要な資格をもっていれば必ず記入してください。勉強中で取得に至っていない場合は、その旨も書きましょう。資格も大事ですが、それ以上に人柄も重視される職業です。思いやりがある、辛抱強い、丁寧に仕事をする、といような必要とされる性格を、具体的に書けるといいですね。志望理由は、「人の力になりたい」ということより、なぜそう思うようになったのか、ということの方が大事です。

医療・福祉職への転職で、面接官を確実にオトす「面接」の必勝法

医療・福祉職への転職面接では、まずは専門知識が問われます。しかし資格がなくても就くことができる職種もあります。そこで見られるのは、人柄です。辛くて大変な思いをしている人たちに、思いやりをもって接することができるかが問われます。話し上手であるより、聞き上手でありましょう。実際に対象となる人たちと交流した経験があれば、その時なにをしたか、どんなことを思ったかを話せるといいですね。また、ミスなく要領よく仕事をこなす実績があれば、高評価となります。

転職DATA

医療・福祉職の平均年収相場:※男性:476万円 (https://job-medley.com/tips/detail/948/) ※女性:414万円(https://job-medley.com/tips/detail/911/)

医療・福祉職へ転職するメリット

・必要とされ感謝されるので、やりがいがある ・仕事以外でも役に立つスキルが身につく ・人の命にかかわることなので、責任感が感じられる ・年をとっても続けられる。

医療・福祉職へ転職するデメリット

・身体的負担が大きい ・仕事内容のわりに賃金が低い ・土日休みとは限らない

成功体験談

新卒で不動産会社に入って以来、ずっと仕事中心の生活を送ってきました。そんな折に母親が認知症になってしまって。でも、私は仕事の忙しさを言い訳に、母の介護は妻や父に任せっきり。母が亡くなった時に「親孝行できなかったな」って後悔してしまったんです。母にできなかったことを世の中で困っている人にしてあげられたら母も喜んでくれるかなって。子供もまだ小さくてお金がかかる時期ですし、最初は転職に躊躇していたんですけど、妻からの後押しもあり、思いきって介護の世界に飛び込むことを決めました。(中略)もともと介護業界で働いたことがないどころか、資格は何も持ってませんでしたし、年齢も40歳を超えているということで、なかなか採用されませんでした。それでも、e介護転職には介護職の求人がたくさん載っていましたので、「落ちたら次の会社を受ければいい」と逆に開き直れたことがある意味よかったのかもしれません。転職活動では、面接の数をこなすことが大切だと実感しました。(中略)思い切って転職して良かったと思いますね。前職に比べて、給料は下がりましたが、毎日「やりがい」を感じながら働いています。

引用元:e介護転職(https://www.ekaigotenshoku.com/taiken/taiken1.html

キャリアコンサルタントからの考察

不動産業から、全く経験のない福祉職への転職。資格も持っていないのに採用に至った理由は、この男性の「思い」にあったのでしょう。親孝行できなかったことからの転職に、きっとこの人ならば、少々大変なことがあっても、頑張って真面目に仕事に取り組んでくれるであろうと思わせるものがあります。不採用が続いても、あらかじめそういう事態を予想して、慌てずに取り組んだことも、良い結果につながりました。

失敗体験談

50代前半で介護職に転職しました。以前とは全く違う職種ですが、お年寄りと触れ合うのが好きでコミニュケーション能力もあると自負しての転職でした。 しかしそんな甘いものじゃないことを思い知らされました。ユニット型特養でシフト制ですが、まず人間関係でつまずきました。移乗 排泄 食介の難しさ、シフトの出番の流れを未だに掴めなくてできる事をやっていると、周りから楽な事しかしてないと反感持たれてしまいました。注意されて焦って緊張して失敗して、息抜きもできないまま1日が終わります。家に帰っても食事を作ることもできない疲労感です。覚えられないことを年齢のせいにしたこともありますが、努力が足りない!と言われました。介護職は大変な仕事です。自分の考えが甘かった事を痛感してます。(後略)

引用元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14177559444

キャリアコンサルタントからの考察

医療・福祉職は、体力を必要とするものも少なくありません。夜勤が多かったりすると、それだけでもきついものがあります。人は当然年をとれば体力も落ちてくるので、転職する際には自分の年齢と体力についても検討する必要があります。給料にばかり目が行ってしまうと、失敗の元です。また、大小さまざまな施設があり、環境も違います。可能であれば下見や見学をして、その雰囲気を確かめておきましょう。比較的女性が多いので、男性はそこになじめるかということも、判断材料の一つとなります。

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?