名古屋の転職指南書 » 名古屋の転職で企業の”本命”になる2つの方法 » 採用担当を一目惚れさせる
「履歴書」の書き方とは

採用担当を一目惚れさせる
「履歴書」の書き方とは

プロが教える!採用担当者を一目惚れさせる履歴書の書き方

これまでキャリアコンサルトとして多くの転職者にアドバイスしてきたことをもとに、履歴書の書き方として必ず押さえておくべき3つのポイントをまとめました。以下のポイントに注力するかどうかで、採用担当者への印象がぐんと良くなるはずです。ぜひ実践してみてください。より力を入れるなら、転職エージェントに相談して細かく添削してもらうのをおすすめします。

1:履歴書も見た目が大事!

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

履歴書は、封筒から出してパッと目にした時の見た目がとても大事です。薄い文字や細かい字でごちゃごちゃ書かれていると、それだけで読む気がなくなります。履歴書の仕上げ方で、「相手の立場になって考えられるか」「伝達能力はあるか」といった社会人としての能力を判断されてしまうのです。文字列をそろえる、段落を付ける、箇条書きにする、罫線を使うなどして、気持ち良く読んでもらえるように工夫しましょう。これがあなたの第一印象を大きく左右します。

2:転職の理由は前向きに

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

退職理由は長々と書く必要はありません。むしろ新しい職場で何がしたいのか、何ができるのか、前向きな姿勢を伝えましょう。そのためには、これまでの職歴で培ってきた能力や資格の棚卸が必須です。社会人1年目の頃に比べて何ができるようになっているのか、丁寧に拾い上げましょう。そこから未来へのビジョンが見えてきたら、ぜひそれを書いてください。退職理由は「そのビジョンが実現できないから」という方向で書いていくこともできますね。

3:職歴は、転職先につながるものを詳しく

キャリアコンサルタント福島瑛子の画像

以前、現在とは関連性の薄い職業についていた場合は、その業務内容は簡潔にしましょう。関係のないことを長々と書いてあると、読みづらいと思われるかもしれません。詳しく書くなら、転職先に関連のある仕事だけに絞るのが得策です。表彰されたり業務改善につながる業績があれば、それも書いてください。履歴書と別に職務経歴書を用意する場合は「詳細は職務経歴書記載」としても構いません。以前の職場でチームを持った経験があるなら、履歴書や職務経歴書にどんなチームをまとめていたのか、何人規模のチームかなどを細かく書くことで、真剣に仕事に取り組んできたことをアピールできますよ。

採用担当に聞いた!こんな履歴書は嫌だ

Nさん_全身

毎月のように応募者の履歴書を確認している採用担当者Nさんにインタビュー協力をお願いしました。履歴書に関して、どんな点に注目しているのか、不採用にしてしまう履歴書の特徴は何か、実態をお聞きしています。

適当な書き方は論外。対応の丁寧さは仕上がりから伝わる

ずばり、「不採用にしたい」と思う履歴書の特徴を教えてください!

Nさん_Answer

「適当に書いている感じが伝わるものですね。修正も二重線でシャシャッと消しただけとか。殴り書きだったりとか。あとは、面接まで見たりしますが、例文っぽかったり内容が薄かったりする人も、最終的に不採用になるケースが多いです。履歴書で得た印象が面接に進むにつれて良くなったことって、あまりないですね。」

そんなにわかりやすく適当な方もいらっしゃるんですね…。字が下手で悩まれている方もよくいるのですが、字が下手だとやっぱり印象悪いのでしょうか?

Nさん_Answer

「字の上手さはあまり関係なくて、印象を左右するのは丁寧に書いているかどうかですね。時間をかけて書いているかどうかは、パッと見るだけで結構わかります。もちろん読みやすい綺麗な文字に越したことはないですが、気持ちを込めて書いた文字は伝わるはずです。あとは最近パソコンで作成されている方も結構いますよ。デジタルだからといって印象が悪くなることはないので、字に自信がなければデジタルで作成してしまうのもおすすめです。そのぶん中身に気合いを入れてください!」

志望動機はビジョンまで描けているかが大事

今まで見てきた履歴書で"気合入っている"と好印象だったものはありますか?

Nさん_Answer

「ありますね。以前、自己PRを別紙3枚にまとめてきていた応募者さんがいて、別紙までつけてくる人は珍しかったのでインパクトがありました。内容も今まで何をしてきたのか、そのとき自分はどう思っていたのか、を詳細に書いてくださっていたので人となりが見えやすかったですね。これまでの経歴をもとに、この会社で何をしていきたいのかまでまとめてくださっていたので、熱意を感じました。」

別紙3枚!履歴書の枠組みを超えるアピールが有効なのですね。

Nさん_Answer

「インパクトはすごい残りましたね。別紙がなくても、志望動機や自己PRで"ビジョン"まで書かれていると好印象です。営業職だからたくさん商品を売りたいとか、クリエイティブ職だから物を作りたいとか、それだけじゃなくて、その一歩先のどんな営業になりたいのか、どんなものを作りたいのか、それは何故なのかまで具体的に書いてると、ぜひ一緒に仕事をしてみたいと思いますね。モチベーション高い方なんだと感じます。」

細かなところも見られています

履歴書を見る時はやっぱり志望動機から確認するんですか?

Nさん_Answer

「私は結構、左から順番に見るタイプですね。人によると思いますが。なので初めに見るのは経歴。転職回数が多かったり、半年以上の空白期間があると気になっちゃいます。理由が補足に書いてあると少し安心しますね。あとは写真も意外と見ます。ここも適当な感じだと印象が良くないところです。」

どんな写真だと印象が良いですか?

Nさん_Answer

「私はやっぱり笑顔でイキイキしている感じの写真が好きですね。目線がちょっと下だったり、覇気が感じられないと印象悪くなります。ただ、Tシャツとかだと本気度が低いのかなと思ってしまうので、最低限きちんとした格好はして欲しいです。」

結構細かいところまで見ているんですね。

Nさん_Answer

「私が結構細部まで見てしまうタイプなのかもしれません。細かいですけど、日付部分が提出日でない履歴書も"もしかして使い回してる?"と思ってしまうので印象は良くないですね。」

ちなみに本人希望欄の項目はあまり書くと不利になったりするのでしょうか

Nさん_Answer

「希望なので、素直に書いていただいたほうが採用を決めやすいです。時給とか勤務日数とか、要望があるなら書いて欲しいですね。入社してから結局トラブルになるよりも先に働き方をすり合わせられたほうが良くないですか?」

どれだけ準備に時間をかけたかが採用を左右する

最後に、Nさんが惹かれる履歴書を一言で教えてください

Nさん_Answer

「トコトン準備されている履歴書ですね。写真や日付まで配慮されていて、やりたいことのビジョンが明確に伝わってくる履歴書に惹かれます!」

「もっと上を目指したい…」

30歳・平社員の男性が転職市場で一発逆転…!?

名古屋の転職エージェント

比較検証レポート結果

詳しく読む

ひとつ、聞かせてください。

あなたは次の転職を
ステップアップ初めの一歩
どちらにしたいですか?